FC2ブログ

いつも閲覧、拍手ありがとうございます。
大変励みになっております。
こうしてコーチをしていると子供たちの成長や発見があって本当に楽しいです。
また彼らの世界も広がっていくのを見ると常に考えさせられますね。
そうした世界を視る力を広げる手伝いをするのがコーチです。
またそうした中でも視野を動かすヒントを出すのもコーチの仕事。
余計なものを与えない、というわけではなく発見させるんですね。
例えば今、プロの試合を見て打ち方を真似するとします。
その真似は必要な能力であり体現することは非常にいい刺激となります。
ところがそれを求めるのはちょっと違うと思うんですね。
真似して遊びがある分にはいいんですが真似して同じように、となるとどうなるか。
それこそ体に対する負荷や怪我に繋がってしまう可能性が高まります。
そうした時に「これは将来像なんだ」と見えるように導いてあげる。
そうなれば今できなくてもいいんだという安心と将来像を見る力が身についてきます。
テニスだけではありませんが焦って上手くなればそんな楽なことはありません。
でも焦りは精神的に追い詰めたり、体の負担も大きくなります。
まずできるところから一つずつやっていくこと。
これはどの分野でも言えることですね。
一歩一歩とはよく言いますが本当にしっかりと土台固めをしていくことが大事ですね。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ust.blog19.fc2.com/tb.php/3142-8fdf1865