FC2ブログ

いつも閲覧、拍手ありがとうございます。

大変励みになっております。

ショットに関しての話、最近してませんでしたので。(笑)

スライスの話をレッスンでしたのでちょっとだけ。

物理的に…なんていうとすごく難しく感じますが。

簡単に理解しやすく話をしてみたいと思ってます。

試してみると分かりますがボールって地面につくと進行方向に回転します。

これはどんな回転でも進行方向に回転します。

だからスライスが滑るっていう現象は…?なんですね。

またバックスピンをかけてるショットでボールが伸びるといいます。

バックスピンなら本来はボールは進行方向と反対なので止まるはず。

なのに伸びる…?なんですよ。

でも深く考えないでみんな打ってると思います。

そこには視覚的要素が絡んでいます。

つまり見た目で騙されてるってことで。

本来は滑ってもないし伸びてもない。

じゃあなんでそう感じるのか。

それはボールが1度地面に着くってところが大きな要因。

わかりやすい話、空中と着地後に大きな変化があるわけです。

これはスピンでも同じ話が言えますが伸びるって観点で見ると。

スピンの方がプラスαの要素があるので理解しやすいかもしれません。

テニスで皆さんが意外に目を落としがちなのは。

ほとんどのボールは地面に落とした後に打つことなんです。

つまり空中と着地後に変化があるショットは非常に厄介。

裏を返せば似たようなボールはどれだけ強くても予測がつきます。

これを自然とやってのけるのがトップ選手なんですねー。

何を言いたいかわかりましたか?

もし分からなかったら直接聞いてください。(笑)

嫌でも納得する答えをお答えします。(*´艸`*)ウシシ

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ust.blog19.fc2.com/tb.php/3123-e292b7d8