FC2ブログ
2018.11.29 コーチ。

いつも閲覧、拍手ありがとうございます。

大変励みになっております。

ジュニアとクラブについて思ったことを書こうと思います。

私はここで何年も時間をかけてジュニアレッスンの形を模索、構築してきました。

自分に任せてくれるオーナーに感謝しながらやりたいようにやらせてもらいました。

イメージしてるものはあるもののコート面数と人数の関係で断念することもありました。

でも彼らにいいものを提供できるように考えてきたつもりです。

それはどこのクラブでも同じことだと思います。

完璧なクラブはありません。

だから良いところもあれば悪いところもある、それが普通。

隣の芝生は…なんていいますがまさにそういうものなのです。

またお互いの事情もあるのでそのクラブのルールに従うことも普通。

なにかあるならそのクラブに相談すればいいだけのこと。

クラブだけでなく各コーチだって色々考えて動いています。

これを読んでくれる方はほぼコーチではない人、だからこれを書きました。

私たちコーチはみんなが思ってるほど楽ではありません。

一人一人のジュニアに何かあるたびにとても頭を悩ませてます。

そういうことも理解していただきたいと思いました。

私もいまでも、これからも失敗の連続でしょう。

皆さんにもたくさん迷惑をかけると思います。

でも何よりも自分のクラブのジュニアを一番に考えていきたいと思います。

スポンサーサイト