FC2ブログ
いつも閲覧、拍手ありがとうございます。

大変励みになっております。

今日は薄暗い霧雨でもありそうな天気ですが。

とりあえずできてほっとしています。

アウトドアスポーツの欠点である天候に左右される部分。

これだけはどうしようもできないので神頼みですね。

先日、ジュニアの試合を見ていた時に感じたことがありまして。

最近のテニス事情がその傾向が強いのかもしれません。

ベースライナーが多いということ、トリッキーなプレーヤーが少ないこと。

私が見てきたジュニアの試合で面白い、といったら一生懸命やってる方には失礼かもしれませんが。

そうした試合は驚くことをする選手でしょう。

そうした選手はイメージに残ります。

私が東海大会に見に行った時に最後まで残って試合を見ていたのですが。

あえてアウトボールをドライブボレーで決める選手や女子選手では珍しくサービスダッシュする選手がいました。

アウトボールを触らなければアウトで終わるものですが。

そこをあえてドライブボレーで決めて対戦相手に「やられた!」と印象付けをしたのだと感じました。

アウトであれば自分のミスで済みますがそれをあえて打たれてしまうというのは気持ち的に厳しいものです。

また女子選手のサービスダッシュですが決していいサーブではありません。

でもそれをあえて前に走ることで対戦相手に余計な考えを持たせることができます。

リターンをとりあえず返すという判断ができなくなりリターンからミスを誘発させることができると思いました。

自分が指導している選手がそうしたプレーをした場合。

勝つことが目的であれば面白いと思いつつも試合には勝てないと判断し、プレーさせることはしません。

そのショットの精度が低いからです。

ただ遊びの中では大いにやってくれていいと思っています。

それが試合中の困ったときのヒントになり活動的にしてくれます。

面白いプレーヤーは特に発想が豊かです。

そのため試合に対しての考え方も独特で当たり前のことを当たり前のように考えつつもその道筋がたくさんあるのです。

テニスはただプレーするだけは面白さは半減してしまいます。

もっと楽しむにはどうしたら相手が驚くか考えなければなりません。

大変なことですが。

そうしたアイデアこそテニスをより楽しむ方法なんだと思います。
スポンサーサイト