FC2ブログ
いつも閲覧、拍手ありがとうございます。

大変励みになっております。

最近のこの気温差、強烈ですね。

朝晩は長袖が必要なのに昼間は着替えが必要。

テニス自体はやりやすい時期なので我慢です。

さて。

最近のレッスンでネットプレー中心の練習を行っています。

そのネットプレーですが一番気持ちがいいのはやはりエースを取ることでしょう。

そのためポーチに出たり前に詰めたり。

出ることに集中しやすいと思います。

しかしながらテニスというスポーツで一番の盲点は。

テニスはミスでの得点が明らかに多いスポーツだということ。

つまりエースの数よりも相手の失点での数のほうが上回る傾向が強いのです。

だからダブルスでもシングルスでもプレーすることで相手にミスをさせることが一番重要視するべきなのです。

例えばネットプレーをすることで相手はどう感じるか。

前に来るだけで圧迫感があるためコースの制限をせざるを得ない印象を受けます。

ボレーでコースをつかれるようになると振り回されるので打つコースを考えさせられます。

前に立っているということはネット際にも落とされやすくなります。

少しでも浮けばたたかれてしまう傾向にあります。

ロブを上げれば時間を作れますが甘ければスマッシュされて決められてしまいます。

総合すると。

ネットプレーをされてるため何かをしなければいけないと思いやすくなるのです。

そうしてミスを誘発する。

それがテニスにおいてのネットプレーの一番の効果ではないでしょうか。

私はミスを減らし、なおかつミスを誘発させることがテニスだと思います。

どうやったら相手がミスしてくれるか。

そういったアイデアをこういう練習から派生してほしいと思います。
スポンサーサイト