FC2ブログ
今日は裏方の話です。

大会の運営をすることが増えてきました。

大会は対戦相手を決めて回すだけ。

なんて思ってると大間違いです。

意外に簡単そうで頭をかなり使います。

そして効率をよくやること、読みをきかせることが何よりも大切です。

私の場合、毎回遅くなってしまいます。

とはいいつつも時間内に終わるわけですが。

でも予定時間をオーバーすることはざらにあります。

今日も1時間半オーバーしました。

難しいです。

トーナメントも種目が一つならまだ楽です。

でもそこに敗者復活戦、いわゆるコンソレや順位戦がはいってくるとややこしくなります。

種目も二つや三つ、男女なんてなった時にはもう大変です。

でもそれを効率よくバランスよく回すのが運営の腕の見せ所です。

試合の進め方はコートのスコアが進んでいるところにいれます。

でも試合が進みすぎるとだんだんとアンバランスになってきます。

そうならないために途中でバランスを取るためにドローの後半を早めに入れたりもします。

スコアを見ながら休憩も考えながら、それでも遅くならないように待ちすぎないように。

だから選手の気持ちもわかりますが運営はそれを踏まえたうえで入れています。

試合に出る方はいろいろな意見があると思います。

感謝の気持ちを持ってくれる人はやっぱり気持ちいいですし頑張ろうと思います。

意見もありがたいと思います。

でも筋の通らないことは「運営をしてみろ!」なんて思うこともあるときもあります。

ですので皆さんも大会に参加するときはぜひやってください。

本部に来た時の挨拶、帰るときの挨拶。

これだけで運営役員は救われます。
スポンサーサイト