FC2ブログ
さて雨も止んでいい天気の今日。

コートの様子を見に朝から動きます。

何回も言うようにコートの砂は雨や踏むことで下に下に深く沈んでいきしっかりしたコートができるからです。

そして足りない部分には足さなければ・・・なんて思っていたら。

業者さんの言うように足す必要はなかったようです。

さすがプロ、足さなくても良いように撒いてくれと頼んでおいて正解でした。

コートの張替え前がコチラ、画像悪いのは勘弁してください。

コート張り替え1

で砂を入れた状態がコチラ、ちょっと白く見えるくらいでしょうか。

コート張り替え10

最後に雨によって沈んだ状態がコチラ、少しラインがはっきりしたのが見えるでしょうか。

コート張り替え完成

パッと見るとあまり新しくなった感じがしませんが実際にテニスをするとちょっとフカフカ。

そしてボールは跳ねます・・・グリップ力が上がったためにべるのにも少し躊躇があるかも・・・。

今までに比べればまったく違うコートですのでしばらくは違和感が少しだけあるかもしれませんがよくなったことには違いありません。

さぁ皆さん、新しいコートでまた楽しくテニスをしましょう。
スポンサーサイト



コートの張替え後、水で一回沈めるといいというお話を聞きました。

そしてその後にはコートを見て砂の足りないところに新しく砂を撒くといいそうです。

それを踏まえると今日の雨は絶好のタイミングで降ってくれました。

コート張り替え11


そういった意味では今回は本当に天候に恵まれています。

今日テニスが出来ないのは残念ですがそれでもコートを管理する上ではよかったです。

明日は朝から使いたいという人たちがいたので鍵を開けにきますがその前に砂の感じが気になるところです。

一応業者の方は「雨が降ってもそう沈まないと思うよ。というかそのくらい砂を入れたからね。」とおっしゃってました。

ですのでそんなに変化はないと思いますが明日確認して足してみようと思います。
コートの張替え自体は終わりました。

実際に見てみると砂が・・・やっぱり多いかなって感じがします。

ですが明日は雨ですのでそれで少し落ち着くかと・・・砂が雨によって中に沈んでいくんです。

そうすると足りない部分に撒いたりしてより密度のある人工芝コートになるんですね。

さて今日はこういう仕事をしました。

コートの中のほぼ一周余った人工芝があります。

というかあえてあまりを作ってもらったのです。

なぜかというと風でワイヤーがなびいたときに下からボールが出たり砂が出ることを防ぐためです。

しかしただ置いてあるだけではたいした意味が無いのでそこを園芸用の針金で結うわけです。

これ、意外と簡単なんですが・・・時間と・・・手を怪我します・・・やっぱ軍手必要だった・・・。

そして余った人工芝でブラシを作ります。

ウンノストロベリーテニス製ブラシ。

ブラシ

ただ作るだけではダメなんです・・・そのコツは・・・オーナーのみぞ知る。

ゆえに私はただ作るだけ・・・不出来なブラシの完成です。

というわけで今日の仕事は終わり。

明日の雨の状況を見てまたクラブハウスに向かいます。
コートの張替えも終盤に差し掛かりました。

芝生は貼れているので後は砂を撒くだけなんですが・・・。

話を聞くとどうもこれがかなり時間がかかるようです。

というか時間をかけたい模様。

コート張り替え8

こういう機械で撒きます。

後ろの回転するブラシで人工芝を起こしながら砂を深くいれていくのです。

コート張り替え7

通過した後はこんな感じ。

ただここはすでに数回通過している場所なので全体に均等に撒くにはまだまだ時間がかかります。

コート張り替え9

一袋250kgだったかな?350kgだったかな?

その量をいっぺんに機械に入れて撒いていくわけですがこれが大体2分くらいでなくなります。

コート張り替え10

終了時刻は3時前後。

作業が早いのはさすがプロです。

その上やってくださった仕事も細かいところまで丁寧に教えてくれましたし自信をもって「大丈夫!」と言ってくれました。

あとは海野コーチに見てもらって終わりです。

業者の株式会社アサヒ・ユー様、ありがとうございました。
コート張り替え5


さて本日は人工芝をすべて貼り終えたところです。

白いところは足跡ですね、芝の上を歩くと潰れてこうなります。

で、この後に砂を撒くわけですが・・・どうも重機の登場らしく・・・。

見てみたい・・・。

時間がうまくかみ合うかどうか(笑)

現時点で砂がまだコチラに到着していないので到着し次第ということです。

コート張り替え6

わかり辛いでしょうが約2cmほどある芝に砂を大量に撒くようです。

2cmって結構深いですよ~、どのくらいの量になるんでしょうかね。