FC2ブログ

いつも閲覧、拍手ありがとうございます。

大変励みになっております。

昨日がバイトコーチの1人の最後のレッスンでした。

本人も雨が止んでいてよかったとほっとしていましたね。

やっぱりただ見ていた子達ではなく思い入れはあったのだと感じました。

コーチという仕事、バイトでもそうですが。

子供たちの大人になるわずかな時間を共に使うわけです。

大人の1年と子供の1年は同じ時間ですが違うものなんですね。

CMで大人って長いよ~なんて言ってますが本当です。

たった1年で体も心もこんなに成長するんだと驚かされるんです。

親はその貴重な時間を私たちに預けてくれるわけです。

だから私たちは本来、それをしっかりと活かしてあげることが大切。

バイトコーチにも言いますが子供たちの将来を考えてあげてと言います。

ウンノにいってよかった、テニスしていてよかった。

そう言われるように、テニスを続けて貰えるように。

それをするのはバイトも私も関係ないんです、コーチの仕事なんです。

私はそんな思いから彼らにはいつも感謝しています。

4年間ですがやってくれて本当に感謝感激雨あられ。

ありがとう、森コーチ。

社会人になってもまたここに顔出てね。

スポンサーサイト



いつも閲覧、拍手ありがとうございます。

大変励みになっております。

急な暑さが舞い込んできましたね。

今日のレッスンはとても汗をかきました。

そして。

何か子供たちに変化があった印象でした。

こういう良くなった時こそ褒めるに限ります。

そのタイミングを逃さないためにもよく観るということが大切です。

そう考えると気持ちを抜くことができませんね。(笑)

もともと抜くことなんてないのでいつも終わったらぐったりですが。

でもそれが彼らのためにもなり自分のためにもなり。

ある意味、ウィン・ウィンの関係。(笑)

こうしてお互いが成長していける関係でありたいと思います。

試合は延期や中止と相次いでコロナの影響が出ています。

気をつけながら運営してますが。

こういう機会(チャンス)こそ大事にやりたいものですね。

いつも閲覧、拍手ありがとうございます。

大変励みになっております。

言葉で言うと怒ると叱るは違いますよね。

怒るというのは感情が入ってる、叱るは相手のためを思ってする。

そう思うと叱ることはとてもエネルギーがいります。

叱った後には何かしらのフォローが必要でそれがないことは怒ると同じ。

だから私は引っ張らないよう努力をしています。

正直言って叱った後に普通に話すのは結構大変で。

相手は言われて嫌な思いをしてる場合もあるからなかなかスムーズにいきません。

それこそ、それが伝わらない子ほどウザイだなんだと感じてるはずなんで。

だから私は余計に感情に任せて言うことは避けます。

むしろ、感情をモロだししてる時は叱ってないってこと。

つまりそれは鼓舞してるということになるんですね。

そんなのをみんなに伝わるようにったって難しいのは承知の上で。

それで言わなきゃって言う時はどう思われても言うようにしています。

その子たちが今でなくてもゆくゆく気がついてくれればいい。

ほんとはいまわかって欲しいんですけどねー。(笑)

私の指導道は導くことにあります。

ちょっと揺れたり変な方に動いたりした時に気づかせることが仕事。

それを持って指導に当たっていきたいと思います。

いつも閲覧、拍手ありがとうございます。

大変励みになっております。

またまた写真は桜です。

今日は私事ではございますが祝うべき日となりました。

私の姉がようやく式を挙げたんですね。

両親とも喜んでいました。

母は心から笑ったことでしょう。

二人の見つめあって笑う姿は見ていて安心させられましたね。

新たな門出となりますが皆さん、今後とも2人をよろしくお願いいたします。

こういう日は不思議と天気も良く風がないことが多い気がします。

あまり私は見えないものは意識しませんが。

こういうことが起こると神様が見てるんだなぁって思ったりします。

なんだかんだ信じてるってことですね。

普段の行いがーなんて言いますけどまぁ見ててくれてるんですよ。

こんな時くらいはいい思いさせてやるか!って。(笑)

神様、ありがとう。

でもその瞬間は行動を起こさなければ手に入りません。

今回は式を挙げるという行動でした。

皆さんも動けばきっといいことが起こるはずです。

いつも閲覧、拍手ありがとうございます。

大変励みになっております。

昨日桜を載せまして、今日も桜。

花見気分で味わえる人は味わってください。(笑)

しかし気温が高いせいか近年は葉桜になりがちでちょっと寂しい。

私は枝垂れ桜をよく知りませんがこんなものなんでしょうかね。

さてさて。

自粛ムードで大会も中止が相次いでいる昨今。

そろそろ開催する大会もちらほら出てくると思います。

オリンピックは延期になりますが大会規模によっては注意しながら開催。

それもアリだと思います。

どんな選手にも一大会を疎かに感じてることは無いと思うんですが。

こと学生に関してはその学年が終わると出れないものもあります。

インターハイなんかはいい例ですね。

それが最後で高校の部活引退という子も少なくないと思うんです。

それは年齢が上がるにつれ、その競技で生きてくことが難しいから。

みんなそれをひとつの区切りにして努力していきます。

そう思うと何とかしてやってあげたい気持ちが強くなります。

ただ大会側も苦渋の決断をしてることも重々承知。

難しい選択を迫られ苦しい思いをしてることと思います。

どうしたらいいか、正解はありません。

そして誰が悪いわけでもありません。

だから区切りをつけることもないんじゃないかな。

好きなことは続ければいい、選手としてでなくても。

私はスポーツってそういうものだと常々思います。